塩原温泉 松楓楼松屋

塩原温泉 松楓楼松屋からのお知らせです

雨のち晴れの妙雲寺かいわい。

0
    傘をさして、少し塩原を歩きます。

    DSC_3266.jpg

    妙雲寺前のそぼふる雨がなんか涼しげです。
    DSC_3267.jpg

    この入口の感じは、いつ来てもしっとり感みたいなものを感じるのは私だけでしょうか?(苦笑)
    DSC_3268.jpg

    本堂わきを左に入ると目に入る「常楽の滝」です。
    水しぶきと気温の高さで、水煙みたいな感じになっていて、ちょっとミスト風になっていて涼しいのです。
    なんだかちょっと得した気分になりました。
    DSC_3269.jpg

    しっかり育ったミズバショウです。上の画像のすぐ右側にあります。
    DSC_3270.jpg

    今日は本堂が開け放たれてましたので、盗撮風になっちゃいましたがパチリしてみました。
    DSC_3271.jpg

    境内には、こんなレトロなものも普通においてあります。
    特に表示等ないので「機能している」って思ってます(^_^)
    DSC_3272.jpg

    妙雲寺にはこのような大きな駐車場があるので、車でのアクセスも楽ちんです♪
    DSC_3273.jpg

    松屋から来て、この押しボタン信号を右折するだけです。
    このブルーに「P」の駐車場の看板はここしかありませんので迷うことはないと思いますよ☆
    DSC_3274.jpg

    なんて言いながら歩いているうちに、ここに戻ったら雨もやんで晴れてきました。
    う〜ん、蒸し風呂だ・・・・(^_^;)
    ※夕方はちゃんと涼しくなりますので・・・
    DSC_3275.jpg

    夕方の5時過ぎの現在ですが、ざっと通り雨が降って今は小降りになり、いいあんばいに涼しくなりつつあります。

    こうも暑いとホント仕事場が塩原でよかったなぁと感じます。

    by mari 改め ま〜のり

    ハンターマウンテンのゆりパークを見てきましたよ♪

    0
      ハンターマウンテンゆりパークですね〜(^_^)
      実は去年も行ったのですが、タイミングが遅かったのか、けっこうピーク過ぎのを多く目にするタイミングだったのです。
      やはり、「ゆりは咲き始めくらいが好き」っていう個人的好みから、ネット情報で数日前から「八部咲き」みたいな情報があったので、今日行ってみました。
      ※今日のネット情報を見直してみたら、今日が最盛期ってなってましたね(^_^)

      松屋からは、車で約30分です。
      パークでの所要時間についてですが、駐車場から車を降りて、リフトに乗って、ゆりを見ながら歩いて降りてきて、駐車場まで戻る・・・という一般的なコースで、だいたい1時間30分くらいが目安ですね。
      今日の私の場合、この最初の画像から最後の画像までで1時間15分程度でしたね。(^_^)

      ところで、平日なのにこの混雑はなんなんでしょ?(笑)
      DSC_3179.jpg


      こっちの駐車場もみっちりだし・・・・・・・(^_^;
      実は、関谷あたりからあがってくるときに、「山の方はどんよりとした雲がかかっているから、行くのやめようかなぁ・・・・」と思ったんです。
      こちらの画像の空を見ると、ちょっと躊躇してしまう気持ちがわかるかと思います。
      でも、さすがハンターマウンテン!  名前の通り「山の天気は変わりやすい?(^_^;」ということなのか、素敵な青空に恵まれたのです。

      着いてみるまでわからないものなので、もし同じような気持ちを持ちつつあがるのをためらいそうになったら、思い切って来ちゃったほうがいいと思いますよ(^_^)
      DSC_3180.jpg

      今日は、たまたまこの入り口のすぐ前に駐車できたので、サクサクッと入ることができました。
      駐車場はいっぱいなんですが、ところどころに空きスペースがあるので、意外とすんなりと入れるなぁという感じなんです。
      DSC_3181.jpg

      入り口を抜けて、建物の中を抜けて冬ならゲレンデが真っ正面というところに出ると、ほらっ! もうこんなですもん♪
      青空と夏の雲の感じが最高ですよ☆ 
      行くのやめないでホントよかったなぁと感じました。
      また、このソフトクリームののぼりがそそること・・・・(苦笑)  今はガマンガマン・・・・(^_^;
      DSC_3182.jpg

      上の画像の右端に写っている白い霧みたいなのは、この機械が出しているんですね。
      当然、ここは高原の風が吹き渡っているので、こういうミストの機械とかがあると、清涼感倍増って感じです。
      実際、なんか涼しげでよかったですもん☆
      DSC_3183.jpg

      チケット売り場ですね。
      DSC_3184.jpg

      順路に従って進むと、すぐにリフト乗り場が見えます。
      DSC_3185.jpg

      リフトの券と入園券ですね。
      入園券はお持ち帰りです。リフト乗車券をリフトのところで渡します。
      DSC_3186.jpg

      スキー場のお約束なリフトです。
      所要時間は10分。実はこれが至福の時間なんですよ!
      DSC_3187.jpg

      リフト乗り場を出発すると、すぐに写真を撮っているかたのところに出くわします。
      「仕事なんで・・・・」と声をかけて撮影を遠慮すると、手を振って答えてくれました。(笑)
      DSC_3188.jpg

      このリフトの10分は、個人的には一番気持ちいいシーンだと思ってます。
      去年もこれにやられてしまって、今年も絶対来ようと思ったほどの気持ち良さだったのです。
      DSC_3189.jpg



      何がいいのかということですが、まずはこの微妙な高さがまずあります。
      よほどナーバスな高所恐怖症のかたでなければ、「落っこちてもなんとか大丈夫ってくらいの高さかな?」とか、「昔、ジャングルジムの高いところからがんばって飛び下りるとき、こんな風景見えたかな?」とかというくらいの高さで、ちょっと気持ちいいんですよね☆
      そんな気持ち良い浮遊感を醸しだすような高さのところを、これまた気持ち良い速度でリフトが動いているんですよ。

      それと大切なのは、「風」です。
      強い夏の日差しの直射日光の差すリフトの上に座っているというのに、「ん〜〜〜、この高原の風っ! たまんないなぁ・・・・(^_^)」っていうような素敵な心地好い風が、このリフトに乗っているあいだ、ず〜〜っと吹いているんです。
      これが、直射日光の強さをうまい具合に「中和」しているかのようで、「暑いんだけど涼しくて・・・」という、ちょっとやめられない気持ち良さみたいなのを感じ続けられるのですよね〜♪

      DSC_3190.jpg

      そして、この恵まれた天気も欠かせませんね。
      こればっかりは「運」ですけど、去年も今年もなんとか青空に恵まれました。
      8月のこの時期は、まさに盛夏真っ盛りなので、「雲一つない青空」みたいな感じですと、ちょっと太陽多過ぎるんですが・・・・・(^_^;って思っちゃいますから、このくらいがちょうどいいと思うのですよ。
      DSC_3191.jpg


      リフトの上からは、遠くにこんな感じに人が歩いているのが見えます。
      駐車場の込み具合のわりにはそんなに混んでる感じはありません。
      「あぁ、やはり平日なんだな」ということを再認識しますね〜(^_^)
      DSC_3192.jpg

      今日は、雲の白い感じと青空の澄みきった感じが嬉しくて、やたらと空に向かってパチリパチリしています。(苦笑)
      DSC_3193.jpg

      こんな感じでリフトゾーンの下にも、雑多な感じ(?)でゆりが見えます。
      ここらあたりはけっこう「低空飛行」みたいな感じです。
      たぶん、自分がトンボだったらこういう高さで見えるんだろうなぁくらいの高さなんですよ(^_^)
      DSC_3194.jpg

      人が写っているので、なんとなく高さの感覚がわかるかと思います。
      こんな感じでの目線なので、足元も適度に見えて、なおかつ遠くも適度に見渡せます。この高さが気持ち良くてたまりません♪
      できれば、ず〜〜っと乗っていたい・・・・(^_^;
      DSC_3195.jpg

      ここらあたりからだんだんゆりが増えてきて、なんか気分もあがってきますよ♡
      DSC_3196.jpg



      視界の中にスカイブルーの占める割合が増えてきました。

      青空なら晴れていればどこでも見れるでしょ〜と思いがちですよね?

      ところが違うんです!

      何が違うかというと、「空と自分の距離感」なのです。

      それは、ちょっと頑張ればすぐそこの青空に手が届くんじゃないか?という錯覚を感じるような、「皮膚感覚的に距離が近い青空」なんですよ☆  
      DSC_3197.jpg

      そんななんで、私はすっかりやられまくってます。(苦笑)
      ですから、例えばこんな風景ならば「これからここを歩いて降りるんだなぁ・・・・」と思いそうになるはずなのに、「青空が近いー☆ すっごいキレイ☆☆」と感動しまくってます。(苦笑)
      DSC_3198.jpg


      あ〜、たまりません♡
      この空の感じは、癒しとか浄化とかデトックスとかなんだかたくさん見ているだけで何かカラダにいいことが起きそうな「近い青空」です。
      そこへさらにどんどん近づいているって感じです。
      DSC_3199.jpg


      あ、もうおしまいか・・・・(T^T)
      DSC_3200.jpg

      ・・・・ということで、リフトをあとにします。
      DSC_3201.jpg



      降りてすぐ左側に、この「ゆりタワー」とピザ屋さんが見えます。
      見てわかる通り、山の下の方はこういうどんよりドヨドヨな雲だったんですよ。
      こんなのを関谷あたりから見ちゃうと、ここに来ようという気持ちがちょっと萎えそうになりますよね(^_^;

      でも、今日は違ったんですよね〜(^_^)  
      日頃の行いを良くしておいてよかった・・・・とつぶやいたのはナイショです。(笑)
      DSC_3202.jpg



      なぜ、縦撮りかというと、こういう台が置いてありますよ、ということをパチリしたかったからなんです(^_^)
      DSC_3203.jpg

      ・・・で、台にカメラを置いた目線がこんな感じ(^_^)
      「う〜〜〜ん、青空がバックに欲しい・・・・・」
      DSC_3204.jpg

      そこで反対からパチリしちゃいました♪
      ん〜、自画自賛ながら素敵な一枚です。(笑)
      DSC_3205.jpg

      タワーは四角錐なので、残りの二つの方向からも同じアングルでパチリしました。
      方向によって空の具合の違いがよくわかるかと思います。
      DSC_3206.jpgDSC_3207.jpg

      では、歩いてみましょう。 案内があるので寄ってみますネ(^_^)
      DSC_3208.jpg

      画面中央下が現在位置です。
      私は今日は、ブルーのラインから上部の白いラインも適当に回って、展望台ってところを見て、それからまたブルーのラインをたどっています。
      DSC_3209.jpg

      ・・・・で、こんな感じにゆりの中を通って、最初に入った建物までゆっくりと下って降りていきます。
      特段、「登山靴が・・・・」とか、「サンダルじゃダメ」とかというほどでもないです。
      中には、ベビーカー押しながら歩いている家族とか平気でいましたもん♪(笑)
      DSC_3210.jpg

      カサが借りられます。(行けばすぐわかります)
      個人的には「マストアイテム」だと思います。
      「歩くのに邪魔じゃないのか?」「雨なんて降らない天気じゃないか?」と思うかもしれませんが、日傘にもなるし、雨傘にももちろんなります。
      実際に、今日、歩いていて雨降りましたらから(^_^;  こんないい天気なのに・・・・(^_^;
      ま、パラパラという数分程度の天気雨でしたけどネ(^_^)
      DSC_3211.jpg

      こういう看板に従って、まずはこつこつと登っていきましょう(^_^)
      DSC_3212.jpg

      ちなみに、こんな乗馬なんてできるところがあります。
      ※自分が歩く代わりに、馬で回れるわけではなさそうですので念のため・・・・(苦笑)
      DSC_3213.jpg

      子供が喜びそうなこんな遊具があるところをまず通ります。
      ここは木陰になっていて、なぜだかハンモックなんかもおいてあり、たくさんの家族の方々がまったりとしてましたよ。
      ここもまた、高原のいい風が吹くんですよ〜(^_^)
      DSC_3214.jpg

      この木陰から眼下に広がるゆりを眺めます。
      DSC_3215.jpg

      さらに登りましょう。
      DSC_3216.jpg

      見上げると、これまた素敵な青空です(^_^)
      DSC_3217.jpg

      強い日差しに照らされて、黄色い百合が元気よく咲いてます(^_^)
      DSC_3218.jpgDSC_3219.jpg

      オレンジのも強烈にその鮮やかさを放ってますね(^_^)
      DSC_3220.jpg

      実はここらあたりですでに汗がポタポタと・・・・となっている私でした。(苦笑)
      ここらあたりが登りのピークなところなのです。
      DSC_3221.jpg


      順路に従って今度は下っていきます。あとは下りだけなので気持ち的に少し楽ちんになりますよ。

      こんな感じで種類別にまあるく植え分けているところもありますよ。
      DSC_3222.jpg

      画面右端の建造物ですが、当然、展望台なので登っちゃいます(^_^)
      DSC_3223.jpg


      上から眺めます。よ〜く見えて気持ちいいです。
      ここは遅咲きゾーンでしょうかね(^_^)
      DSC_3224.jpg

      黒ゆりとピンクゆりゾーンですね♪
      DSC_3225.jpg

      黒ゆりの近くに寄ってみましょう。
      DSC_3226.jpg

      おぉ〜、なんかセクシィかも(^_^)
      DSC_3227.jpg

      ピンクゆりゾーンですね(^_^)
      DSC_3228.jpg

      素敵ですよ♪
      DSC_3229.jpg

      ここらを前後して、青空ににわか雲が・・・・・(^_^;
      実は、すでに汗だくだったので正直曇り空がありがたかったりします。
      普段、たいした運動をしていないせいか、汗の出方が尋常じゃありません。(苦笑)
      DSC_3230.jpg

      日差しが強ければ、もっと鮮やかな色を放つことでしょう。
      DSC_3231.jpgDSC_3232.jpgDSC_3233.jpgDSC_3234.jpg

      下りながら見ていきます。
      DSC_3235.jpg

      日差しが時々復活します。
      DSC_3236.jpg

      おぉ、鮮やかじゃないですか☆
      DSC_3237.jpg

      そんなこんなで、ゲレンデ方向に順路を進めていくのです。
      DSC_3238.jpg

      遠くに青空が復活し始めてます。嬉しいなぁ〜(^_^)
      DSC_3239.jpg

      休憩所発見です。
      去年は休憩なしで降りちゃいましたが、今日はここでちょっと知り合いにlineなんぞ送りながら水分補給をしましたよ。
      ここで休まなければ、所要時間はぐるっと回って約1時間くらいってところですね。
      DSC_3240.jpg

      休憩場所からリフト方向を見上げると、青空が徐々に戻ってくるのがわかります。
      山なので、雲の流れも速いんでしょうね〜(^_^)
      DSC_3241.jpg

      まったりとお休みして元気復活です♪
      ゲレンデに咲く色とりどりのゆりを見ながら降りていきましょう(^_^)
      DSC_3242.jpg

      中央にこんな通路があって、左右に色とりどりのゆりを見ることができます。
      DSC_3243.jpg

      例えばこんな感じですかね(^_^)
      DSC_3244.jpgDSC_3245.jpg

      あとはこんなだったり・・・・(^_^)
      DSC_3246.jpg

      振り返ってパチリです。
      こんなちっちゃな画像では表現しきれないほどのパノラマ感を伴う景色なんですよ、ホントは・・・・(^_^;
      うまく写せなくてスミマセンm(_._)m
      DSC_3247.jpg

      日差しの戻った中でのオレンジのゆりの鮮やかさはハンパなく素敵です。
      なぜだか微妙にピンボケなのはご愛嬌ということでお許しを・・・・m(_._)m
      DSC_3248.jpg

      ・・・とかなんとか見ているうちにゆりゾーン終了が見えてきました。DSC_3249.jpg


      名残惜しいんで、もう一度振り返ってパチリ。
      画像が暗いのは、青空に露出を合わせたからです。ホントはもっともっと明るい景色です。
      DSC_3250.jpg


      あ〜、もうセンターハウスが見えちゃってます。
      こんな芝生の真ん中を、直射日光の中、歩くのですけど、これがまた意外と吹き行く風のおかげで思ったほど暑くないのです。
      DSC_3251.jpg


      未練がましく、もう一度振り返ってパチリしました。(笑)
      DSC_3252.jpg

      出口ですね。ここで傘を返します。
      DSC_3253.jpg

      出口から建物に入るあいだに、こんな感じでゆりが売られてます。
      DSC_3254.jpg

      これから咲くゆりたちですね。
      DSC_3255.jpgDSC_3256.jpgDSC_3257.jpg

      咲いてるゆりも、もちろん売ってますよ。
      DSC_3258.jpg

      「なんかここで写真撮るのが、一番ゆりがたくさん写せるなぁ・・・・」って思っちゃいました。(苦笑)
      ま、売っているんですから当たり前なんですが・・・・・(^_^;
      DSC_3259.jpg

      だってほら・・・・
      DSC_3260.jpg

      こんななんですもん(^_^)
      ちなみに、観光客で買ってないお客さんなんてほとんど見なかったです。み〜んな買ってましたよ♪すごいきれいでしたからね(^_^)
      DSC_3261.jpgDSC_3262.jpg

      テントの中からゆりを見つつも遠くの青空を眺める・・・・という感じでパチリ(^_^)
      「3鉢 1,000円」ということで・・・・(^_^; なんかお得かも・・・
      DSC_3263.jpg

      こうなっちゃうとさらにディスカウント(^_^;
      ちいちゃく「来年用」と書いてあるのが微笑ましかったです(^_^)
      DSC_3264.jpg


      最後はこれでしょ〜♡
      ゆりソフトのミックスを食べました。
      行ったら絶対食べることにしてます。味については是非ご自身でご堪能ください♪
      ちなみに、日差しのせいもあるんでしょうけど、けっこう溶けるの速いんで、パクパクッと躊躇せず大きな口で食べることをオススメします。
      DSC_3265.jpg

      来年も絶対行きます。
      「近い青空」と「素敵な風」の組み合わせの気持ち良さに中毒になっている私です。(苦笑) 
      ※あと、このゆりソフトも・・・・(^_^;


      by mari 改め ま〜のり 

      さらに涼しい風が吹き抜けるスポット発見しました。

      0
        先日、「松屋かいわいで、今日イチ涼しいところのご紹介☆」 という紹介をしましたが、厳密にはそのすぐそばにもっといい風の吹き抜けるところがあることを今日知りました。

        ここなんです。
        (右側に見えるのは、「子宝明神」です)
        DSC_3175.jpg

        ちょっと左に振ってみましょう。
        DSC_3176.jpg

        すぐそこが岩の湯です。先日紹介した場所のすぐわきです。
        DSC_3177.jpg


        先ほどのところを縦にパチリするとこんな感じです。
        DSC_3178.jpg

        ここは大雨の時だけ、滝になるのです。そのため、ここを山から吹き降ろしてくるという「風の通り道」となっており、これがまた天然のクーラーという使い古された表現で恐縮なんですが、ホントにそうなのですよ!
        ぜひ体感してほしいです。
        ※但し、パラパラと小石とかの落石もたまにありますので、あまりかぶりつきでご覧にならずに遠目から涼しい風を感じつつお楽しみください。

        by mari 改め ま〜のり 


        calendar

        S M T W T F S
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << July 2018 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        profile

        search this site.

        others

        PR